三宅商店 Miyake Store's Blog

記事一覧(99)

くすりとたべものと日用品1:飲食衣服、これ大薬。

草根木皮(漢方薬)、これ小薬。 鍼灸、これ中薬。飲食衣服、これ大薬。 身を修め心治める、これ薬源なり。(紀元前に記された中国の古典の一つ「書経」より)小薬とは、ある症状には効くけれど、それ以外の症状には効かなかったり、ある量を摂ると体によく働くけれど、摂りすぎると効果が減ったり逆効果になるようなもので、大薬とは、どのような体調の時でも、頻度や量にこだわらず(限度はありますが)摂ることができ、対症療法的というよりは、根本的な体質改善に貢献するようなもの。中薬は、その中間で、暮らしの中に適度に取り入れることが勧められているものです。草、根、木、皮を薬として取り扱う文化は、中国に限らず、世界全域で古くから続いています。チベット医学、インドのアーユルヴェーダ、日本列島各地の山岳密教や修験道、南北アメリカ大陸のシャーマン、メディスンマン達は、心身の治療や健康維持の為に、様々な草木を取り扱ってきました。そして、現代医学の中で扱われている医薬品などについても、アマゾン奥地で野草を採取し、そこから薬効成分を抽出して作られたものなどが多く存在しています。薬を摂取する方法は、日本語では主に「内服」と「外服」に分けられます。内服は主に経口摂取、外服は主に皮膚からの摂取を指します。そして、「書経」の中で大薬として扱われている衣服は、皮膚から直接薬効を得る、外服という方法で摂取される薬として広く活用されてきました。薬を口から摂る時間は短いですが、肌着や衣服は、一日中身につけるものです。世界各地の染織文化の根底には、衣服を薬として捉える考え方がありました。日本においても、生まれたばかりの男子は陽気が高すぎるため、気を鎮めるために藍染めの肌着を着せたり、月経中の女性が血流を清めるために茜や紅花の腹巻きを身に着けたりしていました。また、鍼灸や漢方、東洋医学のベースになっている陰陽五行説の中では「五色」は「五臓」に対応するとして「青=肝、赤=心、黄=脾、白=肺、黒=腎」にそれぞれよく働く薬としても捉えられていました。

なぜ三宅商店が”水”を売り始めたのか?シリーズ02〜日本の水資源を含めた森林の売却と買収編〜

「三宅商店がついにお水を売り出したらしいよ。」シリーズ01《日本の水道民営化》に続き、本日は、シリーズ02〜日本の水資源を含めた森林の売却と買収編〜地球上でもめずらしく、豊かで汲みやすい”伏流水”の水源を沢山もつ日本。今、日本の私有林は外国資本によって買収されているという事実があります。平成18年〜28年における外資系資本による日本の森林買収は、届け出がある集計可能なものだけでもなんと1440ヘクタールに及びます。これは東京ドーム約306個分、東京ディズニーランド約28個分の面積になります。林野庁集計買収された森林のある都道府県はわかっているだけでも、北海道、山形、栃木、群馬、千葉、神奈川、山梨、長野、静岡、京都、兵庫、奈良、岡山、福岡、沖縄、ですが、おそらくそれ以上あると思われます。その中でも北海道は、群を抜いていて114件もの買収事例が確認できています。買収している国は、中国、英国、シンガポール、ニュージーランド、オーストラリア、アメリカ合衆国など。この買収されている土地には、地下水や湧き水などの水資源も含まれています。そして日本には、地下水を飲み水として汲み上げることを制限する法律がないといいます。そもそも日本の土地が外資に買収されるのは、1945年に廃止された外国人土地法など、日本の土地を守るための法律がないから。土地の所有実態が追えない日本の甘い土地制度の問題もあるでしょう。もしも、日本の水資源を、外資系企業によって汲み上げられたら?わたしたちは日本に住みながら日本の水を外資系企業から購入することになるの?もしも、外国資本に渡った日本の土地に、放射能廃棄物が捨てられたら?その放射能廃棄物が捨てられた土地に、わたしたち市民の飲み水の水源があったら?わたしたちは日本に住みながらにして、生きいく糧である水の恩恵を受けることができなくなるの?水源地売買に関する規制強化を求め、各地の自治体が立ち上がった事例もありました。

しあわせの青い鳥探しにピリオドを!happyで、みんなhappyになろう!

突然ですが、あなたは「しあわせ」ですか?あなたにとっての「しあわせ」って何ですか? もしくは、どんな瞬間ですか?私は、何か(それを神様と呼ぶか、グレートサムシングと呼ぶか、あるいはハイヤーセルフと呼ぶかは別として)に対し心の底から「ありがとうございます!」って感謝できる「心の状態」を「しあわせ」と呼ぶのだと思っています。その昔、タレントの明石家さんまさんは某大手食品メーカーのCMで「ポン酢醤油のある家だ」と言ってましたが、もちろん「しあわせ」と「ポン酢醤油」は何の関係もなく、何をしあわせと感じるかは人様々です。人は誰しも「しあわせになりたい」と思って生きています。でも、実際には毎日しあわせを感じて暮らしている人と、不しあわせだと感じて暮らしている人がいますよね。お金持ちだと「しあわせ」で、貧乏だと「不しあわせ」? 恋人やパートナーがいると「しあわせ」で、お一人様だと「不しあわせ」? 大会社に就職できたら「しあわせ」で、中小企業だと「不しあわせ」? しあわせの定義って一体、なに?どうしたら私たちは幸せになれるのでしょうか?そんな「しあわせを探すあなたへ」オススメなのがこの映画、『happy – しあわせを探すあなたへ』です。

コミュニティとマーケット:地域と治水と経済と

■マーケットのテンポと住民のテンポ以前、地域経済を研究する方からこんな話を聞いたことがあります。「商店街がある地域では、商店街がない地域より高齢者の健康度が高い。商店街をおじいさんやおばあさんが通るたびに『いい天気だねー』とか『どこに行ってたんだい?』とか、それぞれの商店主に声をかけられる。そういった、ちょっとした会話を毎日していることが、おじいさんおばあさんの心身にハリを作る。」オーナーがそのまま店主になり、店頭に立っている個人商店。商店主は、日々目の前を通っていく老若男女の一人一人をよく覚えていて、挨拶をかわしたりしている。そしてとりわけ一人暮らしのおじいさんやおばあさんには、健康チェックも兼ねながら声をかけている。その話を聞いた当時は「なるほど、わかる気がする」と思いすぎて、どんな調査をしたのかまで突っ込んで聞くのを忘れてしまっていましたが、そういうことはある気がすると今も思います。当時、こんな話も聞きました。この話は研究者ではなく、80代のおばあさんから。「大きなショッピングモールが増えて便利なのは、車が運転できたり、まとめ買いして沢山の荷物を運べる人。私達は車も運転できないし、小さな八百屋で毎日ちょっと買い物するみたいな生活が出来たほうがありがたい。大きなお店のレジで小銭をゆっくり払おうとしていると、行列の後ろから舌打ちされたりして、いつもお札でばかり払っているから財布に小銭が溜まっている。」素早い動きが出来て、重い荷物が持てて、運転ができる人に便利なマーケットがあれば、一方で、動きがスローだったり、重い荷物を持てなかったり、運転が出来ない人にあっているマーケットもあります。ゆっくり会話が出来るマーケットがあれば、小銭を並べる暇もないマーケットもあります。一昔前には、引き売りの八百屋さんが足腰の立たなくなったおばあさんの家まで訪ねて野菜や漬物を売っていました。彼らは一人暮らしの老人の家を回って、声をかけては健康チェックもしていました。おまわりさんがいなくても、八百屋さんがおまわりしてた世界がそこにありました。身の回りにどんなマーケットが存在するかが、そのコミュニティに暮らす人達のテンポやリズム、健康に影響を及ぼしています。■コミュニティとマーケットと政治以下の写真は、アメリカ西海岸カリフォルニア州セバストポールのコミュニティマーケット。